インクルードファイルで楽できる



通常のHTMLとはちょっと違いますが、CGIや.netに対応しているサーバーなら、
インクルードファイル(SSI・サーバーサイドインクルード)が使えます。
これはサーバー側で指定された場所に指定されたファイルの内容を追加してくれるので、
例えばサイドバーのメニューなど、iフレームで表示しなくても、
一つファイルを用意しておけば、何ページあっても追加・変更は一瞬で終わります。

使い方は簡単。
通常のHTMLファイルの拡張子が「.htm」「.html」であるものを、
「.shtml」と変更するだけです。
そしてファイルの内容を表示したいところへ、
<!-- #include file="表示したいファイルのある場所" -->
と記述するだけです。

表示される側のファイルは拡張子を一般的には「.inc」で付けますが
実は何でも良いです。
内容は通常のメニュー(この例では)を記述しておけば、
指定した場所に記述どおりの内容で表示してくれます。 

記事id:209 / 2137PV

関連記事