ワインは一度デキャンタに移す方が良い



ワインを飲むときは、そのまま瓶から注ぐよりも
一度デキャンタに移してから飲んだほうが美味しくなります。

これは瓶の中でワインの香りがワインの中に溶け込んだ
状態になっており、こもった香りになっているのですが、
一度空気に触れることによって、外に出るからです。

もうひとつデキャンタに移す目的は、年代物になるほど
ワインのおりが多くなるので、これを取り除くためです。

ワインをデキャンタに移す際には、ろうそくを使います。
ろうそくで透かしてみるとおりがよく見えるので、
ワインボトルの肩でおりを残すようにしながら、
上澄みの部分だけを移します。

こうして楽しむワインはそのまま飲むより
ずっと美味しくいただけるはずです。


女性のためのMake Love特集
記事id:648 / 1958PV

関連記事