ワインのコルクが千切れたら



ワインを飲もうとコルクを抜こうとしたら、不覚にもちぎれてしまった。

なんてことはないでしょうか?

そんな時はドライバーでコルクを中へ押し込んでしまいます。

デキャンタを用意して口に清潔なガーゼをかぶせ、
ワインを漉しながら移します。

これで簡単に飲むことができるのですが、
そもそも抜き損じをしないことが重要です。

まずワインのコルクを抜く前に瓶をさかさまにしてコルクを湿らせます。
コルクがちぎれるのは乾燥しているからですから、
この方法は効果があります。
ただ、そもそもワインは寝かせて保管するものですから、
コルクが乾いている時点でワインの保管方法が間違っていることになります。

もうひとつコルク抜きのねじをコルクの真ん中に
確実にねじ込むことも必要です。

良いワインオープナーを使えば失敗は少なくなります。


女性のためのMake Love特集
記事id:650 / 1947PV

関連記事