コーヒーの入れ方基本のき2



コーヒーの入れ方はドリップ、サイフォン、パーコレーターと
いろいろありますが、入れ方によってコーヒー豆挽き方も変える必要があります。

コーヒーの挽き方には大きく分けて、
「粗挽き」「中挽き」「細挽き」の三段階あります。

サイフォンには「細挽き」
ドリップには「中挽き」
パーコレーターには「粗挽き」を使うとよいでしょう。

店で挽いてもらう場合は、挽き方を指定して挽いてもらいます。


女性のためのMake Love特集
記事id:661 / 1856PV

関連記事