麦茶のおいしい入れ方



夏のカンカン照りの日に、家に戻って冷たい麦茶は大変ありがたいものです。

夏は冷蔵庫に麦茶を常備というご家庭も多いと思います。
この麦茶も最近はペットボトルで済ましている方が多いですが、
きちんと入れればご家庭で入れたものの方がグンと美味しく、
しかもペットボトルよりかなりの節約になります。

麦茶を美味しく入れるのに最も大切なのは分量で、
2リットルのお湯に対して、炒り麦1カップが適量です。
さらにほうじ茶を2割ほど混ぜておくと香りが非常に良くなります。

次に麦茶を沸かす容器ですが、やかんよりひら鍋を使ったほうが後始末が楽です。

煮立て方は、鍋の湯が煮立ってから分量の炒り麦を入れ、約3分煮ます。
煮すぎると香りが落ちますから、3分煮たら素早くこして冷やします。

いうまでもないことですが、粗熱を冷ましてから冷蔵庫へ入れてください。

濁りの少ない香りのよい麦茶が作れます。


女性のためのMake Love特集
記事id:682 / 2118PV

関連記事