お茶をおいしく入れるコツ



せっかくのおいしいお茶も入れ方次第ではまずくなってしまいます。
せん茶、玉露、番茶、ほうじ茶とお茶は種類によって入れ方が違いますが、
普通はご家庭で一番飲まれているせん茶を
美味しくいれるポイントを押さえておきましょう。

【分量】(3人分)
せん茶:約10g
お湯:150ml
【入れ方】
①湯の温度は80~90度が適温、
沸騰前の温度ではなく、沸騰させてから冷ましたお湯がよい。
②せん茶をきゅうすに入れて湯を注ぎます。
余分に入れて残すとまずくなりますから、必ず適量分だけを入れます。
③そのまま1分置きます
④湯呑には少しずつ均等に注ぎ分けて行きます。
一度に1杯分ずつ入れていくと、順番で濃いお茶や薄いお茶に
なってしまうので、少しずつ均等に分けるのがコツです。


女性のためのMake Love特集
記事id:684 / 1957PV

関連記事