茶筒の中蓋は落としぶたにする



お茶は湿気ないように袋を開けたらそのままにせずに
お茶缶に入れて保存します。
この時お茶缶に中蓋が付いていますが、
これの使い方はあまり理解されていません。

缶がいっぱいの時にいは中蓋は上でふたをしますが、
中身が減ってきたら落し蓋にするのがよいのです。

少なくなったお茶と中蓋の間に空気が多くあると
それだけで湿気やすく、香りも飛んでしまうのです。

ですからお茶の葉が減ってきたら、中蓋はお茶の上に載せる感じで
落しておいたほうが、お茶の葉は美味しく保てます。


女性のためのMake Love特集
記事id:688 / 2382PV

関連記事