新茶の出がらしで当座煮をつくる



新茶は若葉の色が美しく葉も柔らかく、
はしやすめに最適な当座煮が作れます。

【作り方】
①新茶の出がらしを水を切って適量用意します。
一度にたくさん出がらしは出ないので、必要な量がたまるまで
水を切った出がらしをポリ袋に入れて冷蔵庫に保存します。
②鍋にしょうゆ、みりん、酒を大さじ2杯ずつ入れて煮汁を作ります。
③煮汁が煮立ったら、①をいてて5、6分弱火で煮ます。

これだけで出来上がりですが、新茶の風味を生かすため
薄めの味付けで仕上げるほうがよいでしょう。

当座煮とはいっても薄味なので日持ちがしません。
2日以内に食べきるくらいの量作るのがポイントです


女性のためのMake Love特集
記事id:689 / 2244PV

関連記事