アウトライン化



「アウトライン化」とはデザインしたデータを別環境(別のマシン)へ渡す場合や、
印刷の為印刷会社へ渡す時などに、「文字化け・レイアウト崩れ」を防ぐ目的で
文字を図形に変更することです。

図形にしてしまうと、その文字には文字情報が含まれず、
文字を構成する全ての要素が「ベクター」としてのアウトラインの情報となりますから、
文字化けは起こりません。

一般的なDTP標準フォントであればアウトライン化をしなくても印刷はかかりますが、
各個人のインストールフォントと印刷会社のインストールフォント、
出力機器のインストールフォントに整合性が確認できないので、
通常はすべてのフォントをアウトライン化して入校する方が安全です。

また、PDF書類の場合は書類にフォントを埋め込む機能があるので、
オープンタイプの標準フォントでは、アウトライン化なしで正常に出力されますが、
印刷会社間で対応に大きく差があるので、やはりアウトライン化は必須といえます。

記事id:743 / 882PV

関連記事