色上質紙



表面にコーティングのない紙(上質紙)に
染料で着色してある印刷用紙です。カラー印刷には向きません。
用途としては。冊子の表紙や仕切り紙、単色印刷のチラシやチケット、カードによく使用されるようです。

色上質32色 見本

印刷用紙は大別して【塗工、非塗工】の2種類があり、
塗工とは紙の表面に顔料などのコーティングが施されています。
非塗工とは紙表面がざらざらのままの紙であり、上質紙や中質紙、更紙などが該当します。

アート紙と似たようなものにコート紙があります。
グロス系コート紙とよく似た加工でPP張りというものもありますが、
これは印刷後の紙表面に「ポリプロピレンフィルム」というフィルムを、
印刷面に熱シリンダーで熱圧着するもので、紙自体が光っているグロスコートとは違います。

印刷用紙の基礎知識

記事id:750 / 1082PV

関連記事