鶯(うぐいす)色



灰色がかった緑褐色、または抹茶色に近い柔らかな黄緑色。
印刷業界では、ファンシーペーパーの色表記などによく使われます。
例えば「色上質:うぐいす」は「【抹茶色に近い柔らかな黄緑】色の上質紙」となります。
※上記コピーは佐川印刷株式会社様HPより【http://www.sakawa.jp/glossary/glossary_u.html】

以下は鶯色の見本です
※ディスプレイの為見た目の色味が大きく違う場合がありますのでご注意ください

    

上質紙の鶯色はこの見本よりも明るい色となります
色上質32色 見本

印刷用紙は大別して【塗工、非塗工】の2種類があり、
塗工とは紙の表面に顔料などのコーティングが施されています。
非塗工とは紙表面がざらざらのままの紙であり、上質紙や中質紙、更紙などが該当します。

アート紙と似たようなものにコート紙があります。
グロス系コート紙とよく似た加工でPP張りというものもありますが、
これは印刷後の紙表面に「ポリプロピレンフィルム」というフィルムを、
印刷面に熱シリンダーで熱圧着するもので、紙自体が光っているグロスコートとは違います。

印刷用紙の基礎知識

記事id:751 / 1272PV

関連記事