味噌のカビ防止には炒りヌカが良い



梅雨時など気をつけていないと、味噌にもカビが生えてしまいます。
味噌のカビを防止するのは、よく炒った炒りヌカが効果的です。

味噌は表面を奇麗にならし、中の空気を抜いておきます。
その上から和紙をピッタリとかぶせます。
さらにその上に、炒りヌカを乗せておきます。

こうすると炒りヌカが余分な湿気を吸い取り、味噌と空気を遮断し、
カビが生えるのを防止してくれるというわけです。

また、練りからしを和紙に包んで、味噌の容器に入れておくのも良いでしょう。

記事id:754 / 2059PV

関連記事