古~いサーバーDell Poweredge700を最新AMDマシンにしてみる 1



Dell Poweredge 700ってこんなサーバー

まずはベースとなるDELLの古~いサーバーです。購入はたしか2003/03だと思うので既に12年前のものです。
この古いサーバーマシンを最新のハイスペックワークステーションに作り替えられるのか?
といってもケース以外はほとんど乗せ換えですから厳密に作り替えとはいえませんが、とにかくこのマシンのケースが非常によくできており、捨てる予定だったのですが急きょ廃物利用してみることにしました。

丁度新マシンを組み立てる予定があったので、やってみて「不可能」と判断したら新しいケースを買えばよいだけの事なので、気軽に挑戦できます。


筺体はこんな感じ。シンプルでおしゃれ。フロントに3.5inchフロッピードライブがビルトインされており時代を感じさせる。

サイドパネルをあけると中は巨大なダクトが目立つ

このサーバーは、企業での使用が前提のマシンであるため筺体の開閉がワンタッチでありながら、HDDの盗難防止のためにキーロックも装備されているなかなか良いマシンです。
写真にあるようにフロントのベゼルはボタン一つで簡単に外れます。そしてフロントを外せばサイドパネルも簡単に外せるのでマシン内部へのアクセスが非常に簡単になっています。


フロントを開閉するにはマシントップにあるこのボタンで

内部に簡単にアクセスできるため、セキュリティ上からカギが掛けられるようになっている。

さて、このマシンをチャッチャと分解していきます。
下の写真はマザーを本体から取っ払った状態。アルミ製のパネルにマザーを取り付けてから本体へはネジ1本で着脱できるようになっていてなかなか秀逸なケースです。
また筺体全体の造りが、イマドキの「ペラッペラな鉄板」によるものでなく、全体に分厚いアルミ板と鉄板を使用しておりガッチリとした作りになっています。


マザーはアルミ製のベースに取り付けてから、本体へは手回しできるネジ1本で簡単に装着できる。

上の写真で見られる内部の巨大なダクトの中にはやはりこれも巨大なCPUクーラーが。当時としてはかなり奢った作りのクーラーは分厚いアルミ削りだしのベースに銅パイプ3本装着と効率の良いもの。

下は部品類を全部取っ払ってケースのオールヌードです。


ハイ。中身は全部捨てました~

アルミ製のマザー用ベース

ここまで来て早くも問題発覚。当時のマザー(ソケット478)に合わせて「汎用」のcpuクーラー装着用ネジがベースボードに直付けされており、今回購入予定のAMD系のマザーには干渉してしまってマザーの装着が不可能な事がわかりました。
しかし今回使用予定のcpuクーラーはマザーのほうの穴に付けるタイプなので、元からある直付けのネジを切ってしまえば装着可能だろうと思い、いきなり金鋸でギーコギーコネジを切り取りました。


上の写真がマザーベースの部分拡大。四角で囲ったほうが元のネジ。まるで囲ったほうは力任せにネジを切り取って、やすりで仕上げたところ。
大した工具もなく、手作業での割にはきれいに仕上がりました^^。

とりあえず今日はここまで。まだまだ続きます | →次

記事id:834 / 1260PV

関連記事