php switchの使い方

使い方メモ
通常の使用は以下

switch (式){
case 値1:
式が値1と等しい時の処理1;
式が値1と等しい時の処理2;
break;
case 値2:
式が値2と等しい時の処理1;
式が値2と等しい時の処理2;
break;
case 値3:
式が値3と等しい時の処理;
break;
default:
式がいずれの値にも等しくない時の処理;
}

複数の値で同じ処理なら

$pref = \\\'神奈川\\\';

switch ($pref){
case \\\'東京\\\':
case \\\'千葉\\\':
case \\\'神奈川\\\':
print \\\'関東です\\\';
break;
case \\\'大阪\\\':
print \\\'関西です\\\';
break;
}

break;を忘れると他の行も実行してしまうので注意
記事id:850 / 63PV

関連記事