洗濯指数ってなんでしょう?



日本気象協会の発表する生活関連予報のひとつに、
「洗濯指数」というのがあります。

これは木綿の長袖シャツを洗って2分脱水し、
午前9時~午後2時までに干した場合に
どのくらいの水分がシャツに残るかというデータです。

完全に乾くようなら洗濯指数80-100%となるわけですが、
指数だけを見てもいまひとつ実感として把握できません。

そこで指数別に洗濯物がどの程度乾くかを見てみましょう。

指数80-100%⇒
厚手のもの大物も午前9時~午後2時までの干し時間で完全に乾く。
薄手のものは午前中に乾く。
布団を干すにも最適

指数60-70%⇒
一日干しても厚手のものは、
夕方室内で干さないと乾ききらない。

指数40-50%⇒
干しても湿っぽい。室内で干さなければ乾かないし、
乾くのに2日かかる。

指数30%以下⇒
干しても乾かない。

ざっとこのような目安になります。
どうしても指数40%程度でも洗濯する必要があるときは、
生乾きになった段階でアイロンをかけるのがよいでしょう。

また、干しているときに扇風機を当てるのも非常に効果的です。
洗濯物全体に風が回るように首振りで
タイマーをセットしておけば驚くほど早く乾きます。

記事id:121 / 3502PV

関連記事