安全ピンは結構便利



スカートやブラウスのボタンが飛んでしまったりすると、

一刻も早く家に帰りたくなりますが、

応急処置には安全ピンがあれば便利です。

これで仮止めすればあわてることなく、そのまま外出を続ける事ができます。

安全ピンを携帯するといっても小さいものですので、

イザというとき見つからないと意味がありません。

そこで絶対に安全ピンを忘れない収容箇所が、

バッグの内側ファスナーの金具です。

この金具には必ず穴が開いているので、ここに安全ピンを何本か止めておきます。

ファスナーも開け易くなって一石二鳥です


女性のためのMake Love特集
記事id:14 / 3864PV

関連記事