プロパティを渡して写真を別ウインドウで開く



写真を別ウインドウで開くことは皆さんしていますが、一つ一つの写真に対応する別ウインドウを全て用意するのはめんどくさい。
それなら1つのスクリプトにプロパティを渡すことで、
全部の写真に対応させてしまいましょう。どんなサイズの写真でもOKです。
このサンプルではサブウインドウを画面中央に開きます。

スクリプト部分

function SubWin(PIC0,PIC1,PIC2){
wx = PIC1;
wy = PIC2;
x = (screen.width - wx) / 2;
y = (screen.height - wy) / 2;
window.open(PIC0, "写真表示",
"left="+x+",top="+y+",toolbar=no,menubar=no,
scrolling=yes,scrollbars=yes,resizable=no,
width="+PIC1+",height="+PIC2+"");
}

※ブラウザ上に表示しているので余計なところで改行される場合があります。
どの改行がしていけないかは、各自ご判断ください。

以下をページ内任意の場所に記述

<a href="javascript:SubWin('[ディレクトリ名/写真ファイル名]', '[写真横+20px程度]','[写真縦+20px程度]')">
リンクさせる画像または文字</a>

解説:
プロパティには表示したい写真のあるディレクトリ名とファイル名(これがPIC0)
写真横幅のピクセル数に20px程度足した数字(これがPIC1)
写真縦のピクセル数に20px程度足した数字(これがPIC2)
を指定して、写真のサムネールかリンク文字に<a href=の形でスクリプトを指定します。これでページの全ての写真がたった一つのスクリプトで別ウインドウで開けるようになります。

対象:
かなり簡単なスクリプトなのでほぼ全てのブラウザで表示可能と思われます(JavaScript offでは動作不可)

記事id:228 / 2037PV

関連記事