傘立てにレンガ



土砂降りの雨の日に、傘を玄関に立てておくと玄関が水浸しになってしまいます。

この立てかけた傘の下にレンガを敷いておきます。

レンガは驚くほど水を吸収しますので、

傘一本の水分ぐらいは簡単に吸収してしまい、

玄関は水浸しになりません。

同様にレンガを二枚敷いてその上に一枚を縦に置けば、

靴1足をちょうど斜めの状態で置けるようになります。

これでずぶぬれの靴の水分も吸収できてしまいます。


女性のためのMake Love特集
記事id:42 / 7448PV

関連記事