栗を長時間保存するなら埋める



栗は秋の味覚ですが、上手に保存すると新年でも茹でて栗きんとんが作れます。

まず、栗を2日間水に浸します。
水からあげたら1日陰干しにします。
乾いたらおがくずに埋めておきます。
おがくずはどこの家庭でも手に入るというわけではありませんから、
砂に埋めても効果は同じです。

この方法でかなり長い時間栗を保存できます。

記事id:568 / 2748PV

関連記事