スパイスの基礎知識いろいろ



辛さの基本─コショウ
コショウには黒・白・青・赤コショウとありますが、
家庭で一般的に使うコショウは白と黒、
黒コショウは風味が強く肉料理に合います。
また、白コショウは風味より辛みのほうがメインで、魚料理に合います。

パプリカ─赤い色合いが特徴
鮮やかな赤い色味が特徴でトウガラシの一種ですが辛みはありません。
鳥料理やスープの色合いを出すときなどに使います。

サフラン─黄色い色が特徴
サフランライスやブイヤベースなど、きれいな黄金色の料理に欠かせないスパイスです。

シナモン─ポピュラーな甘い香り
和名は肉桂(にっけいまたはにっきとも言う)、お菓子や、デザートなどに欠かせないスパイスです
管状のままのシナモンはカクテル・コーヒー・紅茶にも使います。

クローブ─肉類のにおい消し等に
和名は丁子(ちょうじ)花のつぼみを乾燥させたもので、独特の強い香りがあります。
肉料理だけでなくシチュー、スープ、ピクルスなどにも使います。

ナツメグ─甘い特徴的香り
和名はにくずく。ひき肉独自の臭みを消し、甘い風味を加えるのでハンバーグに。
ケーキなどに使うこともある甘辛両用の便利なスパイスです。

月桂樹─独特の香り
これは皆さんご存じの通り、シチュー、カレーなど煮込み料理に欠かせないスパイスです。

タイム─ゆるやかな芳香
和名はたちじゃこう草。魚のソースや鶏料理にうってつけのスパイスです。

記事id:776 / 1697PV

関連記事