いためものの油跳ねを軽減する方法



いためものの基本は「強火で一気」ですが、
あらかじめたれに漬け込んだものを炒めようとすると、
油跳ねがひどくて、とても調理できたものじゃありません。

このようなときはフライパンで油を加熱したら、
あらかじめ油面に塩を振っておくのです。
こうすると不思議にたれに漬けた材料を炒めても、
油跳ねが少なくなります。

ただし味付けのときに最初に振った塩の分を考慮しないと、
塩辛い料理に理になってしまうので、ご注意!

記事id:781 / 1232PV

関連記事