揚げ油の温度は衣でわかる



揚げ物のおいしさは、あげる温度にあると言われますが、
油の温度は17度と言われても、余ほど経験を積んでいなければ、
見た眼で油の温度は分かりません。

そこで目安となるのがこれ。
てんぷらの衣を油に落として、浮き上がり方でその温度がわかります。

150~160度(野菜の素揚げに最適な温度)
衣がいったん底まで沈み、ゆっくりと浮き上がってきます。

170~180度(魚、かき揚げ、揚げだし豆腐、など、てんぷらはほぼこの温度で)
衣が途中まで沈んで浮き上がってきます。

200度以上
衣が表面でぱっと広がります。

これを知っていれば、あげている途中でも衣の様子で
温度が高すぎる、あるいは低くなったとわかるようになります。

記事id:783 / 1290PV

関連記事