エビてんぷらの下ごしらえ基本



天ぷらをおいしく揚げるうえで大切なのは下ごしらえ。
ちょっとの手間を惜しむか惜しまないかで、仕上がりがプロ級になったり素人丸出しになったりと
料理の奥は深いのです。

そんなわけで今回はえび天の下ごしらえです。

エビの殻を取って、普通に衣をつけただけでは、
上げている時にクルッと縮んでしまい、形良くなりません。
えびの下ごしらえは以下のようにします。

①衣を付ける前にえびの背わたを取ります。
えびの背をすこし曲げて、殻の二節目と三節目の間に竹串を差し込み
(ない時はつまようじで代用可能)薄皮から透けて見える背わたを持ち上げ引き抜きます。

②腹側に3,4本切れ目を入れて、節切りをしておきます。
切れ目は身の中ほどまで入れておきます。
これで揚げても身が曲がりません。

③尾の先を少しだけ切り落とし、中に含まれている水分を
包丁でしごきだします。
これをしないと揚げる時に油がはねて大変な目にあいます。

以上のような下ごしらえを丁寧に行えば、火の通りもよく天ぷらが
形よくおいしく出来上がります。

面倒だからと下ごしらえをしない人はきっといつまでたっても
料理は上手にならないでしょう。

さて、揚げ物好きな方が気にする事といえば体脂肪ですか?
軽く行くならダイエット。ハイ。ダイエット広告です
やはり簡単に飲むだけでダイエットって魅力ですよね(笑い)
▼気になる方は下をクリック
スラットC~3大ダイエットサポート成分配合

いやいやそんなのじゃやった気がしない!!という人なら、
いっそのことトレーニングジムなってどうでしょ?なんか効きそうですよホント。
ま、とりあえず無料カウンセリングからということで。
クリックはココ▼
専属トレーナーによるダイエット&ボディメイク

記事id:789 / 2040PV

関連記事