プロ級技!天ぷらの衣の作り方



天ぷらをおいしく揚げるうえで大切な衣の上手な作り方
「天ぷらを揚げると、すぐに衣がぐにゃっとしたりベトついたり…
どうしてもプロのようなカラッとした天ぷらにならない。」という場合の上手な衣の作り方。

衣を上手に作る5つのポイントを押さえれば、プロの天ぷらになりますよ!

●衣を作るときは長くかき混ぜてはいけません。
小麦粉のたんぱく質が水と結合しグルテンになってしまいます。
グルテンはまるでチューングガムのような粘り気で、衣をカラッとさせません。
天ぷらを揚げる直前に手早く作りましょう。

●小麦粉に水を入れるのではなく、卵を溶いた水に小麦粉を入れましょう。
こうすることで小麦粉が混ざりやすくなり、結果として手早く粘らない衣を作れます。

●衣を混ぜるときは菜箸の太いほうで叩くようにします。
かき回すのではなく、上からトントンする感じでざっくり混ぜ、ダマがあっても気にしません。

●衣は氷水で作ります。
温度が上がると粘り気が出ますから、卵を溶いた氷水に小麦粉を入れて混ぜます。

●衣は一度にたくさん作りません。
ワンカップずつ作るようにすると、粘り気のない衣が使えます。
衣の割合は衣と水が各1カップです。水は卵一個と氷水でワンカップになるようにします。

さて、揚げ物好きな方が気にする事といえば体脂肪ですか?
軽く行くならダイエット。ハイ。ダイエット広告です
やはり簡単に飲むだけでダイエットって魅力ですよね(笑い)
▼気になる方は下をクリック
スラットC~3大ダイエットサポート成分配合

いやいやそんなのじゃやった気がしない!!という人なら、
いっそのことトレーニングジムなってどうでしょ?なんか効きそうですよホント。
ま、とりあえず無料カウンセリングからということで。
クリックはココ▼
専属トレーナーによるダイエット&ボディメイク

記事id:790 / 2067PV

関連記事