氷の器の作り方①



いろいろと料理を豪華に演出する「氷の容器」ですが、
作るのが大変そうと考えていませんか?

実は大変簡単に作ることができます。
タッパーは丸い物や四角いもの、さまざまなサイズが売られています。
これを利用し、まず大きいタッパーに水を少し張り、小さなタッパーを浮かべます。
小さいほうのタッパーが真ん中に来るようにセロテープで固定したら、
大きいタッパーと小さいタッパーの隙間に水を入れます。

そのまま凍らせれば氷の容器の出来上がりです。

小さいタッパーが浮き上がってしまい、うまく止められないようなら、
小さいタッパーにも水を入れればよいのです。

記事id:813 / 1713PV

関連記事