ペンキを上手く使うには輪ゴム



ペンキを塗るときは刷毛にペンキをつけてから缶のふちでしごき、
刷毛先の1/3に塗料が付くようにして塗るのが上手く仕上げるコツです。

ところが缶のふちで塗料をしごくと缶がペンキでベタベタになり、
そのまま蓋をすると次回使う時に蓋が開かなくなります。

ペンキ缶の蓋が開かないときには ペンキを長持ちさせる
書いたようにすれば簡単に開きますが、
そうなる以前に対策を立てます。

その対策というのは、ペンキの缶の真ん中に太い輪ゴムをかけておくことです。
※ペンキ缶の胴体の真ん中ではありませんよ念のため。
縦に輪ゴムをかけるのです。開いたペンキ缶の口の真ん中に
ゴムがくるようにします。

下手な絵でスンマソ!

こうして輪ゴムでペンキをしごくようにすると、
たれたペンキが缶に戻るうえに缶のふちがベタベタにならず、
後始末が楽です。

記事id:107 / 3033PV

関連記事