アンディーブのサラダ オレンジソースがけ



アンディーブ(チコリー)は冬から春にかけて出回る 独特の苦味と風味が特徴のサラダ用食材です。

チリチリとした葉の部分は硬くて苦く、
茎の白い部分がよく成長した物がおいしいといわれています。

この甘くほろ苦い大人の味のアンディーブを、
おいしく食せるオレンジソースです。

ベーコンをカリカリになるまでじっくりといためます。
いためたら、オレンジジュースを注ぎます。

このサイトの料理はすべて味付けは適当ですので、
ジュースの量とベーコンの量のバランスは
ご自分の好みで適当に調整してください。

ひと煮立ちしたら、かき混ぜて、お皿に盛った
アンディーブにかけます。

これで完成。ものすごく簡単ですよね!
甘しょっぱいオレンジソースとほろ苦い
アンディーブのマッチングがなかなかGooです。

チコリー(chicory、Cichorium intybus)は別名キクニガナ(菊苦菜)ともいう、キク科の多年生野菜である。高さ60~150cmで青い花を付ける物が多い。

原産はヨーロッパ~中央アジアだが北アメリカにも持ち込まれ、道路わきの雑草のなかにチコリーが並んでいるのを見ることができる。葉や根には独特の苦味があり、肥培した株から出させた芽を暗黒下で軟白栽培したものを、主にサラダとして賞味するほか、根を炒ったものをコーヒーの風味づけや代用品にも使う。茶として飲むこともできる。近縁種としてエンダイブ(endive)がある。チコリーは多年草だがエンダイブは一年草である。> 続きはウィキペディアで…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


女性のためのMake Love特集
記事id:15 / 2707PV

関連記事