キャベツの芯を料理する



キャベツの芯は甘くてクセがなく大変おいしいのですが、 なぜか捨ててしまう人が多いです。
その理由は「硬いから」ということなのですが、
使い方次第で大変おいしくいただけます。

基本は薄く斜め切りにすることです。
こうすると、例えば野菜炒めなどに最適です。
また千切りにすればお味噌汁の具にもよく合います。
クセがなく大変おいしくいただけます。

生で食べる場合は薄くスライスした芯に
マヨネーズと醤油で作ったドレッシングを合わせると
かなりGoodです。

さらにおつな食べ方は
すりつぶした梅干に醤油風味を少し足し、
そこへ削り節をたっぷり入れて練ります。
こうしてできたペーストを少量づつ芯につけていただきますと
お酒のおつまみとしてもかなりいけます。

ひとつ気を付けたいのは
キャベツの芯が苦い場合です。
一説によれば芯が苦くなるのは農薬のせいだと言われています。
ですので苦いときは芯は食べない方が無難です。


女性のためのMake Love特集
記事id:55 / 3175PV

関連記事