ビーズバッグの手入れはベンジン



フォーマルシーンに欠かせない
ビーズのバッグは手入れがしづらく、
黒いものなら汚れが目立ちませんが、
白っぽいものはすぐにみすぼらしい感じになってしまいます。

これを手入れするにはベンジンを使います。

まず、バッグの中に適当なサイズのタオルを入れます。
次に脱脂綿にベンジンをたっぷりと染みこませ、
叩くようにベンジンを中のタオルに染みこませるつもりで拭いていきます。

これはドライクリーニングと同じ原理で、
ベンジンがバッグの生地の汚れを落としながら
下のタオルに吸い取らせるというわけです。

くれぐれも作業中は換気をよくし、火気厳禁です。
作業途中でつい煙草を吸ってしまうと爆発!
という事故が想像以上に頻発しています。

記事id:128 / 6182PV

関連記事