ミルクの吹きこぼれ防止にはソーサーを使う



ミルクを鍋で温めると、あっという間に吹きこぼれて
後始末が大変になることがあります。

これを防止する意外な方法が、ソーサーです。

コーヒーカップのソーサーのようなある程度深みのある皿を、
鍋の底にさかさまに伏せます。
この状態でミルクを注ぎ温めると、ゴボゴボと空気が出入りし、
不思議と吹きこぼれることがありません。
ミルクが鍋に焦げ付くことも防止できます。


女性のためのMake Love特集
記事id:677 / 2064PV

関連記事