烏龍茶の正しい入れ方



ウーロン茶はすでに日常の生活に溶け込んでいますが、
これをご家庭で本格的に茶葉から入れることは少ないと思います。

そこで今回はウーロン茶の本格的な入れ方です。

まずきゅうすの上から全体内にお湯をかけ温めます。
次にお茶の葉をきゅうすの7分目ほど入れ、沸騰したお湯をそそぎます。

その湯をすぐに捨てますが、捨てる湯は別容器に取っておきます。 お湯をすぐ捨てるのは茶葉を洗って渋みをとるためです。

別容器に取ったお湯に湯呑を浸けて回し、全体を温めます。

二回目のお湯をきゅうすに注ぎ、1分してから先ほどの湯のみに注いで頂きます。

この後茶葉には6回ほどお湯を注ぎなおして楽しめます。

このときお湯の温度は常に80℃程度に保つのがコツです。


女性のためのMake Love特集
記事id:681 / 1940PV

関連記事