あり合わせの缶でお茶を保存するときの注意点



お茶は買ったまま袋で保存すると、
すぐに湿気て香りが飛んでしまいます。

これを防ぐために缶に入れて保存するのですが、
あり合わせの空き缶を使うときには注意が必要です。

たとえばお菓子の空き缶などを使うと、
お茶にお菓子のにおいが移りまずくなってしまうのです。

これを防ぐには空き缶にお茶の葉を一つまみ入れて、
軽く振りながら缶の底を火であぶります。

ほどほどにあぶったら、お茶の葉を取り出して
自然に冷まします。

こうすることによりもともと残っていた
お菓子のにおいはすっかり消え、
お茶を入れても大丈夫です。


女性のためのMake Love特集
記事id:686 / 2072PV

関連記事