手が汚れる料理はポリ袋を使う



料理をしようとひき肉をこねているところへ電話が…

手を洗っている暇はなさそうだし、
そのままの手で受話器を持つのもいやだ。

なんてことはよくある日常です。

薄いシリコンゴムの手袋を買ってあれば、
それを手にはめてひき肉を練ればよいのです。

でもどこの家庭でも常備しているわけではないでしょう。

そういう時はボリ袋を手にはめて、
口を輪ゴムで止めれば、簡単に料理用手袋の出来上がり。

手は汚れないし、ひき肉をこねるのも楽。
突然の電話にも手袋をはずすだけです。

料理だけでなく、植木の土交換やペンキ塗りなど、
なんにでも応用できて便利です。

記事id:334 / 2771PV

関連記事